駆け出し外資コンサルの投資日記

駆け出し外資サラリーマンの投資日記

駆け出し外資サラリーマンの投資日記です。投資も駆け出しですが、配当で家賃を払えるぐらいになりたいです。


6月の日本株の配当実績

6月の日本株の配当実績を下記の表にしてました。

f:id:norinorichange:20180721155124p:plain

少しずつ配当金が増えてきました。

2019年期では総合商社が増配を決めているので、

もう少し配当が増えると思います。

今後の予定として日本株は利確して、米国株にシフトする予定です。

日本が今後世界をリードして、経済成長していくイメージが

あまりできません。

世界をリードし、今後も株主に利益をもたらしてくれるのは

アメリカ企業だと思います。

 

米国株投資を始めてみたいという方は下記の本が参考になります。

具体的な銘柄にまで踏み込んで記載されているところに好感がもてます。

永遠に成長し続けなければならない世界

時代の流れが早いです。つい昨日まではエースと呼ばれていた人が次の日からテクノロジーによって君はもういらないよと言われる日が来るかもしれません。常に必要とされる人材になるために、最新の情報を仕入れて自分の成長を継続させることが必要で、その生活は大変です。

医療の進歩・食生活の改善により寿命が伸び、お金が必要な期間が伸びます。お金を稼ぐためには働き続けます。働き続けるためには、成長を続けることが必要です。働く期間が長くなり、悠々自適な自由時間を切り売りし、成長を常に求められるマラソン生活は体力的・精神的にきついです。時間を切り売りするフロー型(サラリーマン)の収益モデルは身体を壊したら終わりという弱点がります。

自分の経験やスキル・ノウハウを使って、ストック型で収益が稼げるような仕組みを作る必要があります。DVD・本・楽曲等の印税、不動産の家賃収入、株式投資による配当、アプリなどがストック型に該当します。しかし、なかなか素人ではできないものが多いのも事実です。さて、どうしましょうか?

 

頭の中を手っ取り早く整理する方法

普段考えがまとまらなかったり、なんとなくモヤモヤすることってありませんか?「ああでもない。こうでもない。」と悶々としているけれど、一向に考えが深まらず、結論もでない。そういったときは頭の中を整理して、考えていることや悩みを外に吐き出すことが必要です。

頭の中で考えていることを紙に書いて、文字で表現することで頭の中を手っ取り早く整理することができます。PCを使うのもありだと思いますが、ついPCだとインターンサーフィンしたり、体裁を気にしてしまったりするので、あまりおすすめできません。私はほぼ毎日A4サイズの方眼紙を横書きで使って、考えていること、気になること、これからやりたいことを書き出しています。横書きにすることで考えを深堀させることができます。

手順としては

①タイトルをつける

②タイトルについて考えていることを箇条書きもしくは短文で書く

③箇条書き、短文したものを細分化/具体化する

 f:id:norinorichange:20180527162307p:plain

といったように紙で書き出して書き出していきます。

いかがでしょうか?自信の目標や悩みを定義して、それらを分解し、構造化するという一連の流れを簡単に実践できます。頭の中が常に整理されるので、思考スピードが早くなります。慣れれば、いつの間にか習慣になっていると思います。

 

以下、参考図書です。外資コンサル会社出身の方が書かれた思考方法のベストセラー本です。今回紹介した頭の整理の仕方をより深く解説されている内容となっています。頭を良くする考え方が詰まっています。個人的には非常に参考になりました。

以下、おすすめの5ミリ方眼紙です。方眼紙を使うと、文字や図が書きやすいです。

便利でよく使うショートカットキーを紹介します③

ショートカットキーを紹介する記事は3回目になります。今回は知る人ぞ知るった言ったら大げさですが、知ってたら便利なショートカットキーを紹介します。CTRL+【 】、ALT⇒【 】⇒【 】といったような綺麗に分けられないものです。

f:id:norinorichange:20180511215611p:plain

いかがでしたでしょうか?知らないショートカットキーがあれば、実際に使ってみてください。PCにあまり詳しくない新社会人の子に見せればびっくりするので試してましょう。私は転職当初に上司のPC画面をみて、いきなりウィンドウが入れ替わったり、ウィンドウが閉じたりするのをみて、驚いた記憶があります。

 

以下、参考図書です。

日本株と米国株の使い分け

日本株キャピタルゲイン狙い、米国株はインカムゲイン狙いというように最近日本株と米国株を使い分けるようにしています。

基本方針として①日本株を買い、売買益により投資資金を短期で増やす⇒②高配当の米国株を買う⇒③米国株の配当を長期でもらい続けるという流れで投資します。

元手があれば、②から始めたいですが、なにぶん資金があまりありません。米国株への投資資金を得るために、日本株での売買を短期(1ヶ月~6ヶ月)を繰り返すという①のステップを作りました。

短期の売買を米国株ではなく、日本株で行う理由が3点あります。

・為替を考慮しなくてよい

・売買手数料が安い

・株価の上下幅が大きい

 中長期的な視点に立てば、日本株よりも米国株の方が投資先として安全であると考えています。米国株の銘柄はコカ・コーラやP&G、クラフトハインツのようなグローバル企業を想定しています。米国株が安全と考える理由は4点あります。

・規模が大きく、経営基盤がしっかりしている

日本株よりも高配当で、株主にコミットしている(株主の発言力が大きく、不適であると思われる経営者は更迭される)

・グローバル展開していることから、発展途上国の成長すると、その恩恵を受けることができる

・経営者が優秀(日本企業は日本人の中でトップを選ぶが、米国企業は様々な国の中からトップを選ぶ)

日本株も一部長期投資先として残しますが、最終的には米国株中心のポートフォリオになっていくと思います。

逆張りスタンス

皆が左を向いたときに自分は自身の考えた仮説に基づいて右方向に全速力で突っ走る。このような逆張りの行動を取りたいです。

皆がイケてないよねというモノに対して、自分はそのモノがイケてるところを見出したいです。なぜなら、一人勝ちできるからです。皆が言っていることを盲目に信じるのではなく、自分が考えた予想・仮説を信じます。

例えば、投資で言うと、東電株やすかいらーく株に投資しているのが私なりの逆張りです。東電株は震災以来配当を出しておらず、人気株ではないと思われます。しかし、ここ数年の決算を見てみると好業績です。電力の自由化があるといえども、東京一極集中の波は止まりません。今後日本の人口は減っても、東京の人口は増えていくと予想できます。このことから、今後業績がガタ落ちするとは考えずらいです。配当を出し始めれば、株価は一気に上昇すると考えられます。すかいらーく株は大株主のベインキャピタルが大量に売りに出した影響により株価が下落しました。しかし、決算自体は悪くありません。職場近くのガストに平日のお昼に行ってみると、満席で入れません。この状況、配当、株主優待を踏まえると、投資を継続するべきと判断しました。

エコノミスト、有名な投資家の声は参考になりますが、鵜吞みにしてはいけないと思います。自分の人生・行動に対して責任をもてるのは、自分自身だけです。失敗しても成功しても自身が判断して行動した結果であれば、他人のせいにすることはなくなってきます。

私は就職・転職の決断をするときにはそれぞれ自身の仮説を立てて、行動しました。就職のときには、地元の銀行はおそらく数年後に合併するので、新卒入社してもあまり良い体制では働けないと予想しました。転職のときには金融機関にいる自分の仕事はAIやロボット、機械にとって代わられると予想しました。それぞれの予想は的中し、地元の銀行は合併し、金融機関はAI、RPA等によるリストラのニュースが流れています。私が今後自分がやるべきだと考えているのは、無から有を生み出すクリエイター要素のある仕事です。

 

 

Excelでよく使うショートカットキーを紹介します②

今回はよく使う便利なショートカットキーを紹介します。ショートカットキーを紹介しますのは2回目になります。基本中の基本であるCTRL+【 】の組み合わせです。

f:id:norinorichange:20180508214907p:plain

CTRL+【 】のショートカットキーはご存知の方が多いと思いますが、おそらくExcelのシート間の移動は知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ショートカットキーを覚えるまではマウスを使った方が早いし、覚えるのがめんどうと考えるかもしれません。しかし、ショートカットキーは表を見て暗記するのではなく、使っているうちに自然と体が覚えていきます。(ちなみにCTRL+【 】ではありませんが、【SHIFT】+【F11】でシートの追加も便利です。)

 

追記

f:id:norinorichange:20180512095919p:plain

以下、参考図書です。